今年度の活動方針について


 

 20172018年度会長  外丸 和之

 

 

 今年度のイアン・ライズリーRI会長のテーマは「ロータリー:変化をもたらす」を掲げられました。「:」の部分に何を入れるかで捉え方は違ってきますが、今年度の2780地区大谷新一郎ガバナーは外向きの「ロータリーは変化をもたらす」と内向きの「ロータリーに変化をもたらす」の2つがあると言っています。昨年度の規程審議会を経て、RI定款が大きく変わったこともこの一つと言えます。

 

 

 

 

藤沢南RCは、ここ数年の増強により会員数が増えてきました。特に30代、40代の会員数が増え、また女性会員比率も高く、他クラブからは「活発で元気なクラブ」と言われています。しかし、その反面、例会の出席率が低下しているなど、課題も出てきており、当クラブとしても変化が求められていると思います。

 

これらの課題を改善し、40周年に向けてクラブをより元気にしていくために、次の点を目標に掲げてクラブ運営をしていきます。

 

 

 

  1. 「炉辺会議」の実施。せっかく入会したロータリーを楽しむためにも、クラブ内の交流を通じてロータリーの理解とロータリアンとしての成長が必要と思います。そのために、各委員長を中心として「炉辺会議」を行い、先輩ロータリアンとの交流を深めていきたいと思います。

  2. メイキャップの推進。第3グループだけでも藤沢南RC以外に7つのクラブがあり、他の地域にもロータリークラブがあります。メイキャップを通じて他クラブのロータリアンと交流をしたり、他クラブの事業活動を知ることも大切だと思います。

  3. 会員増強。今年度地区の方針として女性会員及び若い会員の増強を掲げています。当クラブとしても4050運動として増強に力を入れたいと思います。

  4. マイロータリーの登録。地区方針にもありますが、全会員のマイロータリーへの登録を目指します。

  5. 戦略計画の実施。今年度は地区方針の一つに長期計画目標を掲げられています。当クラブの40周年とオリンピックを3年後に迎えるに当たり、クラブ事業等の目標の計画を立てていきたいと思います。

 

 

 

今年度は米山奨学生の栗芳さんを永松会員がカウンセラーとして面倒を見ていただいていますが、世話クラブとして藤沢南RCの会員全員でサポートをお願いします。

 

 

 

私自身もロータリーに入会して4年とロータリアンとしての経験はまだまだ未熟ではあります。各委員長や先輩ロータリアンのお力添えを頂きながら、先輩たちが培ってきた37年の歴史ある藤沢南RCの会長として尽力したいと思います。

 

一年間宜しくお願いします。

 


藤沢南ロータリークラブの歴史



事務局・委員会からのお知らせ


【ミサンガプロジェクト】


タイ・スリンの子供たちに「ミサンガ」を作ってもらい、それを販売し得たお金で学校をリタイアする事無く通ってもらおうというプロジェクト(継続事業)です。