会長挨拶

2021~2022年度

藤沢南ロータリークラブ

会長 新井 智代

 

 

笑顔で(Smile)奉仕し(Service) 長く続く(Sustainable)

   藤沢南ロータリークラブをつくろう 

 

2020年から世界を震撼させるコロナ・パンデミックの中、昨年度、藤沢南ロータリークラブは湯浅会長のもと無事40周年の感謝の祝賀会を催すことができました。40年の歴史を刻んでくださった諸先輩方に改めて深く感謝申し上げます。

 

次なる1歩を踏み出す本年度は、「コロナとの共存」という新しいロータリークラブの在り方が問われる1年になることでしょう。

 

 

1.Smile(笑顔で)

こんな時だからこそ、皆で笑顔のスイッチを入れて楽しく明るく愉快なクラブにしていきましょう。いっぱい笑いたいと思います。

 

2. Service(奉仕する)

本年度RIテーマは「SERVE TO CHANGE LIVES(奉仕しよう皆の人生を豊かにするために)」です。本年度ガバナーの方針でIMを「ロータリー奉仕デー」にすることとなりました。我がクラブの奉仕の精神を結集して、実りある活動として企画して参りましょう。

 

3. Sustainable(長く続く)

藤沢南ロータリークラブが50年、100年長く続くよう ①新しい仲間 ②次世代リーダーの育成 ③女性の活躍④デジタル化の推進 など変化を恐れず柔軟に対応していきましょう。 

 

皆様のお力をお借りしながら、そして芝幹事に協力いただき、コロナに負けない力強い1年にしていけるよう一生懸命努力して参ります。どうぞ何卒よろしくお願い申し上げます。

 

藤沢南ロータリークラブの歴史


ミサンガプロジェクト

 

タイ・スリンの子供たちに「ミサンガ」を作ってもらい、それを販売し得たお金で学校をリタイアする事無く通ってもらおうというプロジェクト(継続事業)です。